everything happens for a reason

AUSで語学学校からTAFEに行く、ゆるいブログ

オーストラリア到着4日目、学校2日目

 

こんにちは、charlotteです。

土曜日の15時過ぎ頃にオーストラリアの目的地に無事に着きまして、語学学校も月曜日から通い始めて今日で3日目となります。

短い期間だけど、なんだかいろいろあったと思うのでゆっくりと振り返ってみます。

 

まず土曜日(9月22日)、到着。

ホストマザーが空港出口でわたしの名前が書かれた紙を持ってお出迎えしてくれました。 「ハロ~~~!!!」 ビッグハグ。 わたしの生活が始まるぜぇ~と思った瞬間でした。

「長旅だったでしょ、疲れてない?」などなど話しながら荷物を受け取り(荷物無事でよかった、壊れもせずロストもせず安心)、車でホストファミリーのおうちへ。 車の中でもお互いのことを話しながら… 頭フル回転させながら話したので外の景色を見る余裕はなかったです(笑)

ホスト家に到着してすぐに、部屋に案内されて「とりあえず休んだり、片づけしたりしていいよ」ということで荷物ほどいたり、ちょっと休んだり。

しばらくしてからホストマザーが来て、「今日は娘(30歳)の誕生日で、レストラン行くんだけど行く? それとも部屋で休む?」

まじかよ!!!!!!!!!!!!

いきなり誕生日レストランですか?!?!?!?!?!?!

というわけで、ギリシャ料理のお店で家族親族彼氏などなど集まってディナー。 おいおい初っ端からエンジン全開で始まったぜわたしの留学生活…なんて思いながらギリシャ料理をいただきました。(量が多すぎて全く食べれなかった)

 

これが初日の出来事です。 正直緊張しまくってて全然話せませんでした。 当たって砕ける前にいろいろ砕けてました。 

ちなみに次の日(日曜日)は、家族みんなの~んびりしてましたね。 

 

 

語学学校について。

初日は緊張マックスで正直あんまり覚えてないんですが(笑)、2日目からクラスの子が優しく話しかけてくれたり、自分のなかの勇気という勇気すべてをかき集めて話しかけたり、なんとかなりそう! な雰囲気です。

授業については、先生の言ってることは理解できても、なかなかスピードが追い付かなかったりするんですよね。 こればかりは慣れるしかないという感じ。 だってまだ3日目だもの…! 2日目から発言できたし、銀行の口座開設もシムカードの購入も一人で出来たし、ぼっち飯じゃないし…なんていう小さな出来事をとってもポジティブに捉えるようにしているので、気持ちは死んでいません、いまのところ(笑)

 

ただ、わたしのクラスは大学やTAFEに進学するひと用クラスなので、レポートの書き方やらなんだかなんだか… 宿題の量がそんなになくても、レポートってどうしたらいいんだっていうところからのスタートみたいなもんです。 新聞読んで要約するのも、知らない単語だらけで、「じゃあこの動詞を~に変形させましょう」も、まってナニソレ? 状態なのでゼロから…じゃなくてマイナスからのスタートのように感じますが… とにかく今はやるしかないんだという気持ちです。 わからないなら調べるなり、聞くなりして、前へ進むしかないんです…!

 

 

というような状況です。

なんだか文章めちゃくちゃですが、こんな感じです!

thank you!