everything happens for a reason

AUSで語学学校からTAFEに行く、ゆるいブログ

地震と学生ビザ取得した記録 (H30.8時点)

こんにちは、charlotteです。

先週、北海道で北海道胆振東部地震がありましたね。

私の実家は胆振からは離れているのですが、まあまあ揺れました。 深夜3時頃だったので、最初は「夢にしてはすごくリアルだ…」と思ってました。 それから間もなくして、iPhoneを充電しようとしたら充電されてないことに気づき、停電だ! 地震は夢じゃなかった! となりました。 結局、実家は2日ほど停電が続きましたが、それ以外は何の被害もなかったです。

夜中は寝ている人が圧倒的に多いと思います。 そんな中、地震が起こってしまったら寝ている最中に物が落ちてきたり、ベッドから逃げようとしたら床に何かが散らばっていたりしたら、危ないですよね。 「寝ているときに何かあったら…」ということを考えさせられる出来事でした。

 

 

 

 

はい! お話は変わって、オーストラリアの学生ビザを取得したことを記録します!

最初に、これは平成30年 8月時点のお話です。 ビザ関係の情報は変わることがありますので、「ふ~ん」程度に読んでくださると嬉しいです。

 

まず、学生ビザとは何ぞや?

 →オーストラリアの教育機関に3か月以上留学することを目的とした人が申請できるビザです。 

 

条件は?

 →政府認定校であること、十分な資金があること、心身ともに健康であること、海外留学生保険に加入していること、などなど。

あとは一定の出席率をクリアすること…だったと思います。

 

アルバイトはできるのか?

 →2週間で40時間内なら可能。

 

必要な書類、準備しておくべき情報は?

 →パスポート、クレジットカード、入学許可証、学歴、職歴、家族の年齢など、留学生健康保険、英語試験などの成績証明書、GTE…があればできるはずです。 英語試験はTOEICなど受験していれば、の話ですね。

 

どうやって申請するのか?

 →オンラインで申請します。 オーストラリア移民局のサイトで、まずは自分のImmi Acountを作成します。 アカウントですね、IDやパスワードを打ち込むだけです。

移民局のサイトではほとんどのビザを申請することができるので、自分に合うビザを選択します。 今回は学生ビザなので、Studentです。

そこからは、自分がどこの国から申請しているのかを選択したり、入学許可証の番号を打ち込んだり、家族の状況、自分の職歴、イエスかノーで答える質問にチェックをしたりしていきます! 

ページ数はまぁまぁあるので、時間かかると思います。 わたしは間違いがないように何度も何度も確認してたので、めちゃくちゃ時間かかりました(笑)

申請中に急に何かやることがあっても、途中で保存できるので安心ですね。

 

あとはGTEについてです。 Genuine Temporary Entrantの略です。

なぜオーストラリアで留学したいのか、なぜその都市を選んだのか、自分のキャリアと関係あるのか…などということを具体的にしっかりと書かねばいけないのです。

わたしの職歴は約4年の公務員ですが、オーストラリアのTAFEで学ぶことはCGやVFXで、今までの職歴と何の関係性もありません。 なので、なぜ公務員を退職したのか、なぜ転職するのか、などもしっかりと書く必要がありました。

これはけっこう大変でした。 エージェントの方のサポートがなければ学生ビザ却下されてたかもしれないですね…。

 

サポートのおかげで、学生ビザは翌日におりてました!

思っていたより、早い!!!! 嬉しかったですね~!

 

 

とっても大雑把でしたが、以上が学生ビザ取得記録になります。

何度でも言いますが、ビザの申請状況や条件は変わりますので自分でしっかりと最新の情報を掴むことが大切です。

 

留学まであと1週間!

 

thank you!